Ubuntu17.04でDVDを再生する方法♪


Ubuntu17.04をインストールしたものの標準では出来ないことがいくつかあります。その一つが市販DVDの再生です。今回はUbuntu17.04でDVDを再生する方法をご紹介します。

まずは、「VLCメディアプレイヤー」をインストールするため、Ubuntuデスクトップ左端のランチャーから「システム設定」を起動します。Ubuntu17.04でDVD再生する

Ubuntu17.04でDVD再生する

「詳細」を選択します。

Ubuntu17.04でDVD再生する

「リムーバブルメディア」の「DVDビデオ」から、「別のアプリケーション」を選択します。Ubuntu17.04でDVD再生する

「新しいアプリケーションを探す」を押下します。

Ubuntu17.04でDVD再生する

上部の検索BOXに「VLC」と入力して「VLCメディアプレイヤー」を検索します。Ubuntu17.04でDVD再生する

「VLCメディアプレイヤー」をインストールします。

Ubuntu17.04でDVD再生する

「DVDビデオ」に「VLCメディアプレイヤー」と表示されればOKです。

Ubuntu17.04でDVD再生する

「ubuntu-restricted-extras」「libdvd-pkg」をインストールします。

ランチャーから「端末(ターミナル)」を起動します。Ubuntu17.04でDVD再生する

まずは「ubuntu-restricted-extras」をインストールします。

$ sudo apt install ubuntu-restricted-extras

つづいて「libdvd-pkg」をインストールします。

$ sudo apt install libdvd-pkg

選択する画面が表示されたら「了解」「はい」を選択しましょう。

Ubuntu17.04でDVD再生する

最後に「libdvd-pkg」の設定を行います。「dpkg-reconfigure」はインストール済みパッケージを再設定するコマンドです・

$ sudo dpkg-reconfigure libdvd-pkg

選択画面が表示されたら「はい」を選択します。

Ubuntu17.04でDVD再生する

これでDVDが再生可能になりました。


静止画像からスライドショーをコマンドラインで作成します♪


静止画像数枚からLinuxコマンドラインでmp4形式のスライドショーを作成します。そんなのツールを使えば簡単にできるでしょと思いますが、今回の依頼は人手作業を自動化することで人件費を削減し、急な依頼にも迅速に対応したいとのことです。しかも画像の切り替わり時にちょっとしたエフェクトかけたいとのことです。

Webから送信された画像を自動でmp4に変換し返却することを想定しています。

調べてみるとffmpegというフリーソフトウェアが使用できそうです。ただし、インストールが必要であり、CentOSではコンパイルからする必要がありハードルが高いです。Ubuntuではコマンドで簡単にインストールできました。通常のレンタルサーバーではroot権限がないと使用できないかもしれません。

早速、以下の3枚の画像(sample01.jpg、sample02.jpg、sample03.jpg)でスライドショーを作成してみます。

・sample01.jpgffmpegでスライドショーを作成する

・sample02.jpg

ffmpegでスライドショーを作成する

・sample01.jpg

ffmpegでスライドショーを作成する

前提として全ての画像サイズは同じである必要があります。また、縦横のサイズは偶数でなければいけません。

では以下のコマンドでスライドショーを作成します。

# ffmpeg -r 1 -i sample%02d.jpg sample.mp4

-rオプションはフレームレートです。今回は1fpsにしています。

-iオプションは、動画に変換する画像ファイルです。sample%02d.jpgとすることでsampleXX.jpg(XXは数字)という画像ファイルを番号順でスライドショーにしてくれます。

sample.mp4は、出力する動画ファイル名です。

作成した動画ファイルを貼り付けておきます。

エフェクトのかけ方は次の機会に追記します。


WordPressの画面が真っ白になっちゃったΣ(・□・;)


WordPressの画面が真っ白になってしまいました。またデータベース接続確立エラーが発生したのか?しかし、今回は画面に何も表示されません。真っ白な画面が表示されるようになってしまったのです。

調べてみると色々な原因で画面が真っ白になる現象は発生するようです。弊社の場合はというと。。。

まずはWordPressのデバッグモードをONにして調べてみましょう!

設定ファイル(wp-config.php)の以下の個所をfalse => trueに変更します。

/**
 * 開発者へ: WordPress デバッグモード
 *
 * この値を true にすると、開発中に注意 (notice) を表示します。
 * テーマおよびプラグインの開発者には、その開発環境においてこの WP_DEBUG を使用することを強く推奨します。
 */
define('WP_DEBUG', true);

そしてサイトに再度アクセスすると、画面にエラーが表示されました。

Parse error: syntax error, unexpected T_STATIC, expecting T_STRING or T_VARIABLE or '$' in /home/nexstage-service/public_html/wp/wp-content/plugins/backwpup/vendor/inpsyde/phone-home-client/src/FrontController.php on line 68

PHPの構文エラーが発生しています。どうやら先日更新したBackWPupというバックアップを行うプラグインで構文エラーが発生してるようです。プラグイン更新やWordPressバージョンアップ後にはサイト表示を確認した方がいいでしょう。このプラグインとサーバーのPHPのバージョンが合っていなかったのでしょう。

復旧のため問題となっているBackWPupプラグインを退避しましょう。

wp-content/plugins/backwpup

私は一つ上のディレクトリに移動しました。

wp-content/backwpup

サイトが表示されるようになりましたので、WordPressにログインします。次に退避したプラグインを元に戻しインストール済みプラグイン画面を表示します。
そしてBackWPupプラグインを削除します。

残念ながら別のバックアッププラグインに変更するしかないですね。