「Ubuntu」カテゴリーアーカイブ

Ubuntu17.10にアップグレードすると日本語入力ができなくなった

Ubuntu17.10にアップグレードすると日本語入力ができなくなりました。言語サポートを開くと「言語サポートが完全にはインストールされていません」という表示されました。

しかし、「インストール」を行っても日本語入力が出来ません。以下のサイトを見ると一度ログアウトしてログインし直す必要がありました。

Ubuntu 17.10で日本語が入力できない!どうすればいい?

ログインし直すと今度はマウスカーソルが矢印に切り替わらず入力ができなくなりました。それだけではありません。USBメモリへの書き込みも出来ないのです。書き込み権限を追加しようとしても出来ません。

これには焦りました。何しろ今作成した請求書もろもろをUSBに書き込んで印刷しすぐに送らなければいけません。請求書作成しながらアップデートするなという話もありますが...

とにかく原因はわかりませんが、ログイン時にデスクトップをUnityに変更すると解消されました。めでたし?

Ubuntu17.04でDVDを再生する方法♪

Ubuntu17.04をインストールしたものの標準では出来ないことがいくつかあります。その一つが市販DVDの再生です。今回はUbuntu17.04でDVDを再生する方法をご紹介します。

まずは、「VLCメディアプレイヤー」をインストールするため、Ubuntuデスクトップ左端のランチャーから「システム設定」を起動します。Ubuntu17.04でDVD再生する

Ubuntu17.04でDVD再生する

「詳細」を選択します。

Ubuntu17.04でDVD再生する

「リムーバブルメディア」の「DVDビデオ」から、「別のアプリケーション」を選択します。Ubuntu17.04でDVD再生する

「新しいアプリケーションを探す」を押下します。

Ubuntu17.04でDVD再生する

上部の検索BOXに「VLC」と入力して「VLCメディアプレイヤー」を検索します。Ubuntu17.04でDVD再生する

「VLCメディアプレイヤー」をインストールします。

Ubuntu17.04でDVD再生する

「DVDビデオ」に「VLCメディアプレイヤー」と表示されればOKです。

Ubuntu17.04でDVD再生する

「ubuntu-restricted-extras」「libdvd-pkg」をインストールします。

ランチャーから「端末(ターミナル)」を起動します。Ubuntu17.04でDVD再生する

まずは「ubuntu-restricted-extras」をインストールします。

$ sudo apt install ubuntu-restricted-extras

つづいて「libdvd-pkg」をインストールします。

$ sudo apt install libdvd-pkg

選択する画面が表示されたら「了解」「はい」を選択しましょう。

Ubuntu17.04でDVD再生する

最後に「libdvd-pkg」の設定を行います。「dpkg-reconfigure」はインストール済みパッケージを再設定するコマンドです・

$ sudo dpkg-reconfigure libdvd-pkg

選択画面が表示されたら「はい」を選択します。

Ubuntu17.04でDVD再生する

これでDVDが再生可能になりました。

統合業務管理システム(ERP)を「Odoo」で構築してみる

ERPパッケージ(Enterprise Resource Planning package)とは?

ERPとは、企業の経営資源(人材、資金、設備、資材、情報など)を統合的に管理・配分し、業務の効率化や経営の全体最適を目指す手法のことです。そして、これを実現するための統合型(業務横断型)業務ソフトウェアパッケージをERPパッケージといいます。

財務・会計や在庫・購買管理など企業の部門ごとの業務を一元管理することにより各業務を連携して円滑に進められるようになります。

このソフトを導入するには、導入+コンサルティング料で何百万という費用が発生します。このような高価なソフトは中小・零細企業にとって果たして必要でしょうか?

「そんな高いんだったら要らない・・・」「でも使ってみたい!」という声にお応えして、今回はOpenERP「Odoo」を導入してみます。

インストールは、Ubuntu16.04になります。

rootに切り替わって、「Odoo」をインストールするためのリポジトリを追加します。

$ sudo -i
# wget -O - https://nightly.odoo.com/odoo.key | apt-key add -
# echo "deb http://nightly.odoo.com/8.0/nightly/deb/ ./" >> /etc/apt/sources.list

Updateして、パッケージをインストールします。

# apt-get update
# apt-get install odoo

Odooのsystemdから制御可能にする。

# apt-get update && apt-get install odoo

ブラウザから「http://localhost:8069/」にアクセスしてみましょう!

Odooのデータベース作成画面

まずは「Odoo」のデータベースを作成します。Master passwordはそのままで、データベース名(例:「myodoo」)とパスワードを入力し「Create Database」ボタンを押下します。

管理者としてログインされますので、まずはログインに必要なEメールとパスワードを変更しましょう。右上にあるAdministratorから個人設定を選択します。

「Odoo」管理者のEメール&パスワードを設定する

Eメールとパスワードを変更したら、保存を押下します。

「Odoo」管理者のEメール&パスワードを設定する

それにしてもたくさんのアプリがあります。使用方法を覚えるのに一苦労しそうですが、これだけのアプリを無料で使用できるのは魅力的です!

統合業務管理システムOdooのアプリ

アプリインストール&ユーザ追加を行って早速使ってみましょう♪